So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「きっと、うまくいく」を見た [映画]

前々から気になっていた「きっと、うまくいく」(2009)というインド映画を見ました。

161810_01.jpg
スポンサードリンク











友人に勧められていたのですが、「インド映画ってあんまし面白くなさそう…」という個人的な偏見で手を付けずにいました。

暇なときは近所のTSUTAYAでDVDを借りているので、今回は「きっと、うまくいく」をレンタルして見てみました。

gazo_kitto05.jpg

あらすじ
行方不明だったランチョー(アーミル・カーン)が街に戻ってくると聞き、ファルハーン(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は母校に向かう。10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいた。しかし、ランチョーと学長の娘・ピア(カリーナー・カプール)が接近したことから、3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまう。 引用 - シネマトゥデイ


最初の10分くらいは「あー、これ最後まで眠らずに見れるかな…」と正直舐めて見ていたのですが、すぐにその世界観に引き込まれました。あっという間に170分経っちゃいましたね。


基本的に自宅で映画を見る時は吹き替え版で見るのですが(家だと誘惑が多く、他のことをやってしまい、字幕を見逃してしまうので)、今回は字幕で見ました。というよりも、この映画、吹き替えが無く字幕オンリーだったので、字幕で見ざるを得なかったという形でしたが。

舞台設定はまさに今のインドといった内容です。
エリート候補たちの通う大学。そこで学ぶ、動物好きで写真撮影が趣味のファルハーン、極貧家庭育ちのラージュー、破天荒で陽気なランチョー、この3人の大学生活の回想。そして、その10年後(現在)、友人たちが姿を消したランチョーの謎を追うというストーリーが同時進行する映画となっています。
原題は「3 Idiots」で3バカトリオという意味で、まさにTHE 3バカといった感じが常に続いていきます。コメディ映画なのでギャグも満載ですが、競争社会における問題点もしっかりと描かれており、更には、ラブストーリー的要素もあり、はたまたロードムービーという内容も加わって、この映画はまさにジェットコースター感覚の映画だなといった印象でした。まさか、この映画に泣かされると、見る前には予想もしていなかったです。
そして、最後のオチを見た時、「おっしゃー!」と心の中で叫んでしまいましたね。


邦題の『きっと、うまくいく』は本作のキーワードである『Aal Izz Well』(アール・イーズ・ウェル)を訳したものです。途中、この『Aal Izz Well』がふんだんに使われたダンスシーンがあるのですが、見終わった後も、お風呂入っている時も、寝る時まで、脳内でリピートされていて大変でした。
良い歌だったということです。

フレーズの由来はイギリス統治時代のインドで夜警が街を見回りながら口にしていた言葉であるという。 引用 - Wikipedia


本当にこの映画を見て良かった、出会えてよかったと思いました。
「インドに行くと世界が変わる」とよく聞きますが、インド映画を見て少し世界が変わったような気がしないでもないような、そんな感じです。

まだ、見ていない。何か良い映画無いかなと思っている方には、是非お勧めしたい一本です。


きっと、うまくいく [Blu-ray]

きっと、うまくいく [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray









スポンサードリンク











タグ:映画
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。