So-net無料ブログ作成

iPhone6sのオリジナルケースを作ってみた [雑記]

欲しいデザインのケースが無いなら作ってしまえということで、作ってみました。
2016-02-03 13.39.25.jpg
スポンサードリンク











因みに、私ヲタクなので過去に痛PCやら、痛Suica、痛スマホ、痛PSP等は作っていましたので、ノウハウはあるのです。

ただ、今回はアニメ柄ではなく、万人受けするのを作ろうと思い、スヌーピーのオリジナルケースを作ることにしました。

まずは画像をGIMP2で加工します。
スクリーンショット 2016-01-30 23.28.26.png
iPhoneの型紙はネットでググれば色々出てくるので、それを使えば問題ないかと。
今回はモノクロ且つ、色抜きで作りたかったので、どんどん加工していきます。
スクリーンショット 2016-02-03 22.39.06.png

リンゴのマークを少し生かしたかったので、位置調整を。
スクリーンショット 2016-02-03 22.45.33.png

画像の加工は完了です。
今回、私が用意したものはコチラのケースと、
2016-02-03 13.39.25.jpg

ELECOM iPhone 6s/6 対応 ケース シェルカバー クリア  PM-A15PVCR

ELECOM iPhone 6s/6 対応 ケース シェルカバー クリア PM-A15PVCR

  • 出版社/メーカー: エレコム
  • メディア: エレクトロニクス



コチラのラベルシート
2016-02-03 13.39.47.jpg

エーワン 自分で作るデカールシール 透明 1セット 81022

エーワン 自分で作るデカールシール 透明 1セット 81022

  • 出版社/メーカー: エーワン(A-one)
  • メディア: オフィス用品




いつもは白色のラベルシートを使うのですが、今回は透明柄で、水で貼れるタイプというのを選びました。白色のラベルシートだと、切り抜きが大変なのですが、透明だと楽できるので。。。

エーワンのラベルシートを開封すると、こんな風に2枚入っています。
2016-02-03 22.56.00.jpg

左のシートに印刷し、ドライヤーで乾燥させます。ここで感想を怠ると、えらいことになりますので注意。
2016-02-03 23.05.18.jpg

乾燥を終えると、透明のシートをうまい具合に貼っていきます。気泡が入らないよう注意しましょう。
2016-02-03 23.17.23.jpg

印刷する際、このシートの説明文には「鏡面印刷してください」とかいてありますが、私の方法では鏡面印刷せず、普通の向きでの印刷で結構です。

iPhoneケースを用意します。
2016-02-03 23.23.12.jpg

透明タイプとはいえ、周りの余分な部分は切っておいた方が良いです。
2016-02-03 23.39.27.jpg

で、これをケースの内側に貼っていきます。これにより、ポケットの出し入れでシールがはがれるという事が発生しないので。
なので、鏡面印刷はしないでもOKという事です。

2016-02-04 00.18.29.jpg
完成です。世界に一つだけのiPhone6sケースです。
お疲れ様でした。

人気ブログランキングへ


スポンサードリンク











nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。